双方向コミュニケーションのメリット

「海外の旅行者をどのように自分のホテル、旅館、ホステルに連れてくるの?HPはあるけど、どうやって対応するの?」そんな質問にお答えします。

従来のHPは情報を発信できますが、一方向になりがちです。ではどうしたらいいのでしょう?

Facebookでページを作り、毎日情報をアップデートします。ただ、泊まってくださいというだけでは十分ではなく、自分のホテル、旅館、ホステルの他とは違う特徴、お得情報、近隣のイベント情報など旅行者が知りたい情報を発信します。

HPと異なり、Facebookページならコミュニケーションを通して瞬時にお客様からの質問やコメントに対応できます。従来の ‪#‎カスタマーサービス‬ もここで行うことができます。 ‪#‎問答メディアネットワークス‬ なら、お客様に代わって、英語・西語・中国語・日本語で対応します。

by Hitomatito

The post 双方向コミュニケーションのメリット appeared first on Mondo Media Networks.

from Mondo Media Networks http://ift.tt/1F1iEZi

Advertisements

ローカリゼーションの必要性

フランス・パリ郊外で7月2日(現地時間)、今年で15回目の開催となる日本のポップカルチャーを紹介するイベント
『JAPAN EXPO(ジャパン エキスポ)』が始まった。初日、日本の文化を紹介するステージに登場したのは、
千葉県船橋市の非公式キャラクターのふなっしー。                                            ふなっしー

いつものパフォーマンスで、あの「なっしぃ~~!!」「ぷぎゃ~~!!」を連発した。日本では大人気の「ふなっしー」だが、パリッ子たちの反応はいま一つ。エッフェル塔のポーズをやってみても、返ってきたのは失笑だった。

日本ではやっているものが海外でも受け入れられると考えるのは間違い。また、海外で成功しているものを日本にそのまま持ち込んでも必ずしもうまく行くとは限らない。
そこで「ローカリゼーション/ローカライゼーション」の必要性が出てくる。
「ローカリゼーションローカリゼーション/ローカライゼーション」とは、「言語の翻訳に加えて、その国の文化に合うように一部を改定すること」。(by Wikipedia)

問答メディアネットワークスは多言語の翻訳に加え、「ローカリゼーション/ローカライゼーション」を得意としています。海外の市場に興味のある方は是非お問合せください。

The post ローカリゼーションの必要性 appeared first on Mondo Media Networks.

from Mondo Media Networks http://ift.tt/1kogjhK

#海外 #アウトソーシング 5つのデメリット

 多くの企業でコストを下げるために、アウトソーシングを利用しています。もちろん、交通費、社会保険などを支払わなくて済む等、メリットも多いですね。中には、非常に安価に見つけられるという理由で、海外に住んでいる人または会社にお願いする場合もあります。

 

 問答メディアネットワークスはマルティ・リンガル(多言語)で対応できるので、海外から仕事の問合せが増えていますが、その理由のひとつとして考えられるのが、問答メディアネットワークスのアウトソーシングのスタッフが近くに住んでいることです。何故?って思われるかもしれませんが、とても重要なことです。というのも、仕事を進めていく上で、クライアントの要望が変わったり、更なるサービスを求められたりする際に、信頼できるスタッフとすぐに顔を付き合わせたミーティングができるからです。


 ではここで海外アウトソーシングの5つのデメリットをあげてみたいと思います。

Image by HUBSPOT http://www.hubspot.com/

 


 第1に、海外にアウトソーシングをお願いする時、時差を考えなければいけません。アジア兼であれば数時間ですが、ロンドンであれば8時間、ニューヨークであれば13時間の時差があります。ですから、例えばSkypeで仕事の打合せをしようとすると、どんなにクライアントが急いでいても、アウトソーシング先は夜中、あるいは最悪の場合は金曜日の夜ともなれば、クライアントへの返事が2,3日遅れになってしまいます。デジタルの時代とはいえ、これではお話になりません。

 


 第2に、顔を付き合わせたミーティングができないため、仕事の方針や内容を伝えるのがむずかしいことがあげられます。すべてを事細かに説明した文書を書かなくてはならず、時間がかかります。また、きちんと理解されない可能性もあり、その場合は何度も説明のやり取りをしなければなりません。


 第3に、使用しているテクノロジーが違うことがあげられます。例えば、アウトソーシング先が、一人はマイクロソフトオフィス、もう一人はオープンソース、問答はグーグルドックス、ドロップボックスといったようにバラバラだと、ひとつのプロジェクトの完成までにはかなりの紆余曲折があることが容易に予想できます。


 第4に、海外のアウトソーシング先への支払いです。銀行を使えば、登録に時間がかかるだけでなく、手数料をかなりとられます。また、通貨換算でも損得がでます。

 最後に、とても重要なことがあります。それは、海外のアウトソーシング先に日本の働く精神を伝えづらいということです。日本だと会社のためにできることをしようと先を見越して仕事をしますが海外のアウトソーシング先は、会社のために働くというよりも、お金のために働く人が多いので、与えられた仕事以上のことは期待できません。これには反論もあるかもしれませんが。


 こういった理由で、アウトソーシングをお願いする場合は、海外よりも、より近くにある会社、近くにいる方を選んではどうでしょうか。


The post #海外 #アウトソーシング 5つのデメリット appeared first on Mondo Media Networks.

from Mondo Media NetworksMondo Media Networks http://bit.ly/1ruwzB4

The half million yen #marketing campaign that gave ZERO ROI

  A 500,000 Yen ($4,800+US) Investment gone wrong.

A friend of mine has been running a car customization business for over 15 years. A distant cousin of him once contacted him to offer a once on a lifetime advertising offer.
My friend’s cousin was working on a local newspaper that had a cancellation for a whole half page advertising from a big company.
He offered him the whole side of the Newspaper on a Sunday publication for a ridiculous price.

Image: Wikimedia Commons. Author: Corpse Reviver

My friend couldn’t believe his luck and immediately started working on a promotion campaign for his car systems, accessories, customization, modification and other services. All this on a great design with a fantastic photo background.

You already read the results. He got Zero calls nor any other type of inquiry about his well planned advertising campaign.
Traditional marketing might have a great impact but it is now always guaranteed and same as social media marketing, ROI depends in too many facts to calculate.

And that is a great example on the difference between Social Media Marketing and Traditional Marketing.

Besides, the costs of one Newspaper advertising campaign could have been accurately used for a 3 month social media marketing campaign.

More about (Facebook) ROI on Social Media Examiner: http://bit.ly/1dyjmnz

Know your #InternetRights with Chilling Effects Clearinghouse

“Monitoring the legal climate of Internet activity”

The Chilling Effects Clearinghouse collects and analyzes legal complaints about online activity, helping Internet users to know their rights and understand the law.

Chilling Effects accepts  letters from individuals and from Internet service providers and hosts with the purpose to study the prevalence of legal threats and allow Internet users to see the source of content removals.

If you ever in doubt about your content or content about you or your concerns, remember to verify with them. 

gnuckx

From ACPAAnticircumvention (DMCA)CopyrightCopyright and Fair UseDefamationDigital Millennium Copyright Act (DMCA) , Domain Names and TrademarksE-Commerce PatentsFan Fiction ( authors’ creative writing)LinkingPatentPiracy or Copyright InfringementProtest, Parody and Criticism SitesRight of PublicityTrade SecretTrademarksUDRP or any other Internet legal materChilling Effects Clearinghouse has reference for all.